うなぎの寝床presents MONPE展開催!!

うなぎの寝床presents MONPE展開催!!

日々のコーヒーを楽しむように、日々久留米絣を楽しむための、MONPE展。

STEREO COFFEEにて、9月14日(土)から23日(月)まで八女市で九州・ものづくりを伝えるアンテナショップ「うなぎの寝床」さんのMONPE展を開催致します。

data

福岡の人にこそ、知ってほしい!穿いてほしい!

あなたは久留米絣を身につけたことがありますか?”

福岡県南部の筑後地方で江戸時代から織られてきた「久留米絣」。言葉として耳にしたり、文字として目にしたことはあるでしょう。

ただ、知ってはいても使ったことはないという方はきっと多いと思います。福岡のものである久留米絣を福岡の人にこそ知ってほしい、届けたいという想いが今回の企画となり、ステレオコーヒーさんにてMONPEを出張販売させてもらいます。ステレオコーヒーさんは「お客様の日々の一部に」をコンセプトにされていて、福岡の人たちの日々の一部に久留米絣お取り入れてほしいという自分たちの想いと重なる部分もあり、ステレオコーヒーさんでの開催となりました。MONPEは、昔ながらのもんぺよりもスッキリとした形にしているので、普段着と男女、世代を問わず穿いてもらえるので、ご家族と、お友達と一緒にワイワイもんぺを見て、穿き比べてもらいたいです。日々コーヒーを楽しむように、着物や山笠の法被にも使われている久留米絣を日々楽しんでもらうきっかけになればと思います。

 

S__15138851

MADE IN FUKUOKAの錦織物、久留米絣

コーヒーを選ぶ時、どの国のどこの農園からやってきたものなのかを見ると思います。衣服に関して、同じ様にどこからやってきてどのように生産されているかを意識することはどのくらいあるでしょうか。近年トレーサビリティという言葉を耳にする様になりました。どこで誰が作っているものかを辿れるかということです。この点で考えると、久留米絣のトレーサビリティは高く、誰がどんな場所でどのような道具で生産しているかを知ることができ、福岡の人なら実際に現場を訪れてみようと思えば、その日のうちに見に行くこともできます。近くのものだから良い、遠くのものだから良くないなんてことはもちろんありませんが、身近にそんな生地があるのかと知ってもらえればと思いますし、昔ながらのシャトル織機に由来する「着心地の良さ」を体感してほしいとも思います。いろいろなものが手に入る今だからこそ、身の回りにある、どこからやってきたのかわかるものに改めて目を向けてもらえたらと思います。

うなぎの寝床

うなぎの寝床は、2012年7月に九州・ものづくりを伝えるアンテナショップとしてスタートした「地域文化商社」です。地域文化を、文化的にも経済的にも、持続可能な形で継続させていくために活動しています。

HP → http://unagino-nedoko.net/